• HOME
  • 関連リンク
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

大分大学国際教育研究センター

日本語ENGLISH中文한국어
HOME > キャンパスライフ > 日本の生活についての注意事項

日本の生活についての注意事項

1.自転車の防犯登録について

自転車を買った時は,防犯のために,買ったお店で必ず防犯登録をしなければいけません。自転車をもらった場合や,中古自転車を買った場合など,お店 で登録ができない場合は,交番で防犯登録をしてください。登録費用は500円です。登録をしていると自転車を盗まれても戻ってくる場合があります。防犯登 録をしていないと,盗難車だと思われて警察に注意されることもあるので,防犯登録は必要です。

2.自動車保険について

自動車やバイクに乗る場合は,自賠責保険と任意保険の二つに加入しなければいけません。自賠責保険は自動車やバイクを買ったときに必ず入る保険で, 事故を起こして相手にけがをさせた場合は,最高120万円,死亡させた場合は最高3000万円が補償されます。しかし,実際はこの補償額では足りない場合 が多いようです。その上,自賠責保険では同乗者と自分のけが,相手と自分の車や物に対しての補償がないので,ほとんどの事故の場合,自賠責保険だけでは十 分ではありません。ですから必ず任意保険にも加入しなければいけません。大学での登録も必要ですので,自動車やバイクを所有している人は,車検証・自賠責 保険証書・任意の保険証書・免許書のコピーを国際交流課に提出してください。(大学は自動車保険に関する一切の責任を負いません。)

3.国際免許証について

国際免許証の日本での有効期限は日本に上陸してから1年間です。(国際免許証の期限がそれより短い場合は,短い方になります。) 期限が切れた後 は,3ヶ月以上日本を離れない限り,たとえ夏休みなどで一時帰国して自国で更新をしても,日本では使用できません。1年以上日本に滞在する場合は,日本の 免許を取得するようにしてください。日本の運転免許証については留学生係に聞きに来てください。

4.アルバイトをするとき

大学から許可書をもらわずにアルバイトをした場合,罰金や強制送還などの厳しい罰則があります。アルバイトをする前には資格外活動許可書の申請を必ずしてください。許可書の申請は国際交流課でできます。

5.国民健康保険について

自国の海外旅行保険に加入していない学生は,国民健康保険に必ず加入し,コピーを国際交流課に提出してください。

6.アパートを借りるとき

アパートを借りる時には必ず住宅保険に加入してください。留学生用の住宅補償制度がありますので,入居の契約をする時には国際交流課に問い合わせてください。保険料は1年間で7,500円,2年間で14,000円です。

7.レンタルビデオの延滞について

レンタルビデオ,CD,DVDを決められた日までに返さない場合は,ペナルティとして延滞料を払わなければなりません。3ヶ月の延滞で50,000円の罰金を請求されたこともあります。借りた物は忘れずに期日までに返すようにしましょう。

8.生活ガイド

大分市の生活に関するガイドを載せているホームページがありますので,参考にしてください。アドレスは "http://www.city.oita.oita.jp/"  です。

PAGETOP