• HOME
  • 関連リンク
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

大分大学国際教育研究センター

日本語ENGLISH中文한국어

留学のための準備

7月 第1回TOEFL-ITP学内試験 留学に必要な語学の検定試験を受けます。
(詳細は「語学の試験について」を参照)
10月 次年度の派遣留学生の募集 国際交流課に申し込みます。
11月 第2回 TOEFL-ITP学内試験 第2回の結果も提出できます。
11月 派遣留学生選 考のための学内審査 書類審査と面接があります。準備万端で臨みましょう。
翌年1月
初旬
日本学生支援機構へ派遣計画書の提出  
2月下旬 学内合格者・奨学金受給者の発表 合格者には留学先大学での書類審査があります。
3月中旬 留学先の大学の書類審査 派遣先大学から受入許可があれば、正式決定。
3月下旬 所属学部に履修計画書を提出 その他、出発までに留学先の大学へ必要書類を提出します。
また、各自パスポートやビザの申請をします。
8月~9月 留学に出発! 夢の実現への第一歩を踏み出します。

語学の試験について

  1. (1) 本学の選考試験を受験するためには,TOEFL(Test of English as a Foreign Language)を受験していることが条件となります。
  2. (2) 派遣先大学では,英語による授業を理解するため,TOEFLで500点~580点(インターネット版TOEFLの場合は61点~93点)を基準にしている大学もあるので,海外留学が決定するまでに何度も受験し,500点以上(インターネット版 TOEFLの場合は61点以上)を取っておくことが望まれます。
  3. (3) 大分大学では年に2回TOEFL -ITP(団体向けTOEFL)を実施しています。受験料は3,300円です。

非英語圏の大学を受験する場合

ドイツ、中国圏、韓国の協定校、NHL大学(オランダ)、メーラダーレン大学(スウェーデン)、カーロリ・ガシュパール大学(ハンガリー)などは、派遣先大学で使用される言語を勉強したことがなくても留学できます。 また、検定試験に合格している必要もありません。
(ただし、英語のコミュニケーション能力が必要な大学があります。)

検定試験は次のようなものがあります。

韓国語を受験する場合・・・・「ハングル能力検定試験」

「ハングル」能力検定協会
〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-5 6F
ホームページアドレス http://www.hangul.or.jp/

中国語を受験する場合・・・・「中国語検定試験」

日本中国語検定協会
〒112-0002 東京都文京区小石川4-20-1
ホームページアドレス http://www.chuken.gr.jp/

ドイツ語を受験する場合・・・・「ドイツ語技能検定試験」

財団法人ドイツ語学文学振興会独検事務局
〒113-0033  東京都文京区本郷5-29-1006
参考ホームページ http://www.dokken.or.jp/

合格した場合、合格通知の写し等を提出しても構いません。

PAGETOP